2017ホークス1軍試合結果 試合結果

【ライオンズ戦】ホークスが完封リレーで6連勝!打線も久々に得点を重ねて快勝!

 

どうも、ホークスの日本一奪還を信じて応援を続けていくTomiです。
今日は途中まで投手戦の様相を呈していましたが…結果的には見事でしたね!

【ライオンズ戦 ヤフオク!ドーム 7-0でホークスの勝利!】

3位ライオンズとの3連戦。
初戦をしっかり抑えたいホークスはバンデンハーク投手が力投!
7回をわずか90球、2安打無失点のピッチング!ピンチらしいピンチも初回のみ。
後は持ち球を有効に用い、高谷選手との相性の良いリードや中村晃選手や今宮選手のファインプレーに助けられたと語ったとおり、素晴らしい内容でした。

一方打線もウルフ投手を打ち崩すには至らずも、上林選手の気迫溢れる内野安打からワンチャンスを掴み、エラーも絡みつつ流れを呼び込んで先制点を挙げます!
このまま僅差の勝負で継投戦となるかと思った…7回裏。
今宮選手は2点目のタイムリースリーベースヒットを放った次の打席、2アウト1,2塁のチャンスでレフトホームランテラスへ飛び込むスリーランホームランを決めて5-0!
更に8回裏には2アウト満塁の場面で江川選手がダメ押し点の2点タイムリーヒットを放って勝負あり!
8回は岩嵜投手、9回は嘉弥真投手がライオンズ打線を3人ずつで締めて試合終了。
久々の快勝となりチームは6連勝となりました!

ヒーローインタビューは2安打4打点、1ホームランの今宮選手と先発バンデンハーク投手。
納得の人選と言えるでしょう。
今宮選手の7回に放ったホームランは、チームの得点事情を解決してくれるかのような大きな一発であったと言えます。

【久々の1軍復帰の本多選手が早速活躍!チャンスで最低限の打撃を見せて先制点をもぎ取りチームに弾みをつけます!】

この選手の復帰が待ち遠しかった人も多いのではないでしょうか。
そう、本多雄一選手が1軍復帰となり、スタメンでの出場。
今年は明石、川島、髙田各選手が躍動し打撃面で不調を隠せなかった本多選手。
ファームで必死に1軍復帰を待ち続ける日々が続きました。
そんな本多選手は先制点を挙げます!
3回裏、1アウトランナー3塁。バッテリーエラーにも助けられて巡ったチャンス。
ここで本多選手は高いバウンドのショートゴロで最低限の仕事を果たしました!
結果的にこれが決勝点となりました!
これから終盤の活躍に期待ですね。

【投手陣がほぼ完璧な内容!完封リレーで強力ライオンズ打線を2安打に封じ込めます】

先発バンデンハーク投手が7回を90球、10奪三振でマウンドを譲りますが、後を継いだ岩嵜、嘉弥真両投手が完璧な仕事を果たします!
今日は7回に得点差をつけたため、サファテ投手やモイネロ投手が休息を取れたことも大きいですね。
特にモイネロ投手は登板ペースも上がっているだけに、休息が取れて何よりです。

 

【夏の甲子園を思い出した今宮選手、弟さんの頑張りに負けじと走る上林選手!】

今日の熱い要素は甲子園絡みもあるでしょう。

まずは今宮選手、自身のツイッターでも出身高校である明豊高校を応援されていました。

そして上林選手は弟さんが東海大菅生の3年生、9回裏に代走で出場してからの好走塁が素晴らしいと話題になりました。

足の速さはもちろん、ホームへのスライディングは大絶賛!

これに刺激を受けたのか、兄も全力ダッシュで内野安打、盗塁、ホームベースへのヘッドスライディングで気迫を見せてくれました!

最近打撃の調子が良くない上林選手ですが、今日は2打数2安打と少しずつ上向いてきたのではないでしょうか?

若い力がチームを優勝に導いてくれると信じて…!

【次の試合 ライオンズ戦】

さて、次もライオンズ戦。
先発は石川投手!
ここで再び調子を上げ、ローテーションを守る事が出来るのでしょうか。
うかうかしていられません…!

それでは、また。

スポンサーリンク




-2017ホークス1軍試合結果, 試合結果
-, ,