2017ホークス1軍試合結果 試合結果

オールスター直前の首位決戦、初戦は逆転負け。五十嵐投手の痛い離脱も含めホークスに大きな難題が立ちはだかる。

どうも、ホークスの日本一奪還を信じて応援を続けるTomiです。

んー…勝てたはずの試合、勿体ない。勿体ないという言葉が出てきますね。

そして、ホークスの課題である中継ぎ陣の過労が出てきたようです。

 

【イーグルス戦 4-5 イーグルスの勝利】


オールスター前最後のカードは首位イーグルスとの2連戦。

ここで勝って弾みをつけたいホークスの先発は石川柊太投手。

石川投手は初回からイーグルス打線を翻弄、150kmのストレートとパワーカーブを武器に攻めていきます。

一方打線も初回からイーグルス先発の則本投手を捉え、上林選手が久々にホームランを放つなどして3回終了時点で4-0.

後は投手陣が抑えて勝ち…と思いきやそうはいきません。

6回に石川投手がソロホームランを浴びると、7回から中継ぎ陣が捕まるだけでなく、五十嵐投手が2球目を投げた後にトレーナーを呼び緊急降板。

後を継いだ岩嵜投手も奮闘しますが踏ん張り切れず同点に。

更に9回のマウンドに上がったサファテ投手も力んでいる影響か制球が定まりません。

そして決勝のタイムリーヒットを浴びてしまいゲームセット。

9回裏にホークスも意地を見せますが、得点には至らず敗戦。

前半戦をは2位で折り返す事になりました。

 

 

【ベテラン投手の五十嵐投手が戦線離脱、全治8~12週。今シーズン絶望か】

心配なのが五十嵐投手。

7回、嘉弥真投手の後を継いでマウンドに上がりましたが、2球目を投げた瞬間に分かるほどの痛みでトレーナーを呼び緊急降板。

 

■負傷交代のソフトバンク・五十嵐、「左半腱半膜様筋損傷」で全治8~12週間程度 ベースボールキングより

https://baseballking.jp/ns/123936

 

昨年オフはウィンターリーグへ参加、先発投手としてマウンドに上がるという珍経験をしながらも今シーズンは勝ち運もあって6勝をマークした五十嵐投手。

 

接戦、ビハインド、同点とあらゆる大事な場面で登板する機会が多く、期待に応えた五十嵐投手の離脱は正直痛いところ。

 

【上林選手に復調の兆し?久しぶりの9号2ランホームラン!】


さて、せっかくなので明るい話も。

ここ最近打撃がすっかり湿りがちだった上林選手。

すっかりご無沙汰だったホームランがようやく見られました!

先発則本投手のストレートをレフト方向に打ちあげ、ホームランテラスへ飛び込んでいきました!

シーズン開幕から3割を超えチームを引っ張ってきた上林選手ですが、ここ最近は体重の低下と共にパワーもダウン。

すっかり快音が聞かれませんでしたが、ようやく若武者に復活の兆しが見えたか…な?

 

とにかく、復活してくれることを願います。

 

 

【次の対戦 イーグルス戦】

 

明日も再びイーグルス戦、いよいよ前半戦最後の戦いとなります。

先発を任されるのは松本裕樹投手。少しずつ結果が良い方向に表れてきた若き右腕に勝利の女神は微笑むのでしょうか!

 

しっかり応援していきたいところです。

 

それでは、また。

スポンサーリンク




-2017ホークス1軍試合結果, 試合結果
-,