2017交流戦 試合結果

【イーグルス戦】乱打戦を制すもホークスはギリギリの勝利。守備の大切さを改めて噛み締めます。

どうも、ホークスの日本一奪還を信じて今日も応援するTomiです。

今日は疲れる試合でしたね…。勝つことには勝ったんですが、ちょっと良くない形でしたね。

投手陣の疲労が明日に響かなければ良いのですが。

 

 

【対イーグルス戦 10-9でホークスの勝利!】


イーグルスとの首位決戦、第2戦目は初回からホークス打線がイーグルス先発、美馬投手を攻め立てます。

初回に今宮選手、柳田選手の連続ヒットで1アウト1,3塁とした場面で内川選手がファーストゴロ、その間に今宮選手がホームを踏んで1点を先制します!

すると次のデスパイネ選手がタイムリーヒットを放ち初回から2点を先制します!

 

ホークスの先発は1か月ぶりの登板を迎えた千賀投手。

初回、2回こそなんとか抑えますが…3回に大きく乱れます。

2本連続ヒットを打たれると、ペゲーロ選手にタイムリーヒット、更にウィーラー選手に逆転の2ランホームランを浴びてしまい3回裏だけで4失点、逆転を許してしまいます。

 

が、5回の表にホークス打線が猛攻をしかけます。

ランナーを1,3塁に置いた場面で川﨑選手のファーストゴロ、ここでホームへ向かう甲斐選手を挟みますが、タッチ直前で投げるタイミングが早すぎたせいもあって、甲斐選手は無事ホームへ生還。フィルダースチョイスとなります。

ここで流れが一気にホークスへ傾いたようで、好調今宮選手がランナー二人を帰すタイムリーツーベースを放ちます!

更にランナーを溜めて…デスパイネ選手がやってくれました!

今季第20号の満塁ホームラン!これは大きかった!!

この時点で勝利を確信…したのですがそうは問屋が卸しませんでした。

直後の5回裏、マウンドに立ったモイネロ投手に不運が。

スタメン出場の内川選手、松田選手がエラーをしてしまい、そこがきっかけとなり4点を失ってしまいます。

が、試合を決めた一打はやはり今宮選手。

2アウトランナーなしの場面で今宮選手がやや内角に入ったスライダーをレフトスタンドへソロホームランを叩きこんでこれでホークスは10得点目!

7回には森投手がアマダー選手にバックスクリーンへ飛び込むホームランを浴びて1点差とされます。

8回にも同点をピンチを迎えますが、回跨ぎの登板となったサファテ投手、甲斐選手の好プレーもあり、無失点で切り抜けてなんとか勝利。

 

勝つには勝ちましたが、7人の投手をつぎ込み明日への不安がやや残る戦いとなってしまいました。

 

【どでかい一発、20号はチームを勝利へ導くグランドスラム!デスパイネ選手!】

今日はこの1発が大きかった。

デスパイネ選手、昨日の試合ではフォアボールばかりでモヤモヤしていたでしょう。

確実に点が欲しい場面、しかもチームが逆転して流れが来ている場面での満塁ホームランは痺れましたね。

ホームラン王ダービーのトップを柳田選手と争う格好となりましたが、これ程熱い争いがチーム内で繰り広げられるのは素晴らしい事だと思います。

肉離れもまだ完治していないであろう中、熱く燃え滾る心を持ったデスパイネ選手がチームの勝利に大きく貢献しています!

 

【今宮選手が絶好調!4打数4安打、1本のホームラン!3打点の大活躍!事実上の決勝点を放ちます!】

さぁそして好調を持続しているのは今宮選手。

現在の打率が.284!現在のレギュラー陣の中で上林選手に次ぐ打率で好調さをアピールしています!

今日は今宮選手がヒーローインタビューとなり、納得のヒーローでしょう。

今年の今宮選手は攻守に大活躍、オールスターに向けて更に調子を上げてくれる事でしょう。

 

 

【守備に不安、ベテラン二人のエラーが大きな失点を呼ぶ】

 

ここで気になるのは松田選手、内川選手のエラー。

このエラーがきっかけで5回の裏に4点取られる流れを作ってしまいましたね。

特に松田選手は今シーズンのエラーが増えたように思います。

WBCでのエラーが記憶にあるのでしょうか。

仮にそうだとすると、なんとか払拭してほしいところもありますが…。

後は、やはり休養でしょうか。

サードと言えば松田選手。故にほぼフルイニングでの出場で34歳。

そろそろフィジカル的にきつくなるところですが、今のところ後継者は無し。

近いと言われる人もいますが…レギュラー奪取とはならない状況。

そこを脅かすような人が現れ、少しでも松田選手も回復してくれるような状態になって欲しいと願います。

 

 

【首位決戦最終戦!先発はバンデンハーク投手】

 

さて、いよいよ首位決戦も最終戦。

是非勝利を掴んで欲しいですが、先発はバンデンハーク投手。

投球内容も徐々に本来の姿に戻りつつあるバンデンハーク投手が、チームを高みに導いてくれると信じて、明日も応援したいと思います。

 

それでは、また。

スポンサーリンク




-2017交流戦, 試合結果