WBC関連

抜きつ抜かれつの逆転劇でサヨナラ勝ち!オランダ代表に勝利します【侍JAPAN】

どうも、今日も若鷹を応援しつづけるtomiです。

今日の強化試合は…結果的には良くても課題が残る試合でした。

【試合結果 日本代表の勝利】

 
球場:東京ドーム

侍JAPAN ×10-9 オランダ代表

勝利投手:岡田投手
敗戦投手:ファンミル投手

■ホームラン
侍JAPAN:大谷選手
オランダ代表:サムス選手

侍JAPAN、日本代表の強化試合3戦目。
年内の代表試合も明日が最後となる中で、前回のWBCで日本と同じく準決勝までつけホークスでもバンデンハーク投手が所属する等、実力も高いオランダ代表。
先制こそしますが投手陣が踏ん張りきれず逆転を許します。
打線が奮起して7-5と逆転しますが、最終回で再度逆転を許し7-8。
もうダメかと思いきやオランダ側のエラーで9回裏に同点として延長戦。
タイブレーク方式での延長となり、まず10回表オランダの攻撃を抑えるとその裏に大野選手がサヨナラタイムリーを放ちサヨナラ勝ち!

結果としては打線の頑張り、そして相手のエラーに助けられた格好となりましたが…勝ちは勝ちという事でしょうか。
そして、やはり浮き彫りになる投手陣への課題。
特に終盤の継投が大きな課題となりました。

 

【5回裏、大谷翔平選手のソロホームランをきっかけに一挙6得点で逆転!】

 
この回の攻撃は気持ち良かったですね。
1-5で迎えた5回裏の攻撃ですが、この回先頭打者の大谷翔平選手のホームランで流れを引き寄せます!
更に2アウト満塁の場面で坂本選手が走者一層の3点タイムリー2ベースを放ち5-5の同点とすると、4番の中田選手の詰まりながらのセンター前ヒットで逆転!
更に筒香選手のセンターオーバーのタイムリーヒットで7-5として一挙6得点は大きかったです。
5回裏以外は3人で終わる回が多かったんですが、よく流れを掴むことが出来たと思います。

 

 

【課題の残る投手陣、WBC統一球への不慣れか…慣れが求められる】

 
1戦目、3戦目と両試合共に9回に3点を取られ、1試合目は点を離されてしまい7-3で敗北。
3戦目は2点差を逆転されてしまいました。

投手陣がWBCの統一球に慣れていないという事もあり、追い込みながらも球が浮いてしまい打たれるケースがありました。
日本の球と素材が違うとの事で、滑りやすくなっているそうで制球が定まらない状態が続いています。

投手陣の慣れも求められていきます。

 

 

【ホークスから参加した松田選手、中村選手が打線で活躍できず】

 

 
そして心配なのがホークスから選出された松田選手、中村選手。
中村選手については昨日の第2戦でホームランを放ちましたが、一番の心配は松田選手。
第2戦でも4打数0安打、今日もノーヒットと芳しくない結果に。
松田選手の一発が望まれますが…明日の第4戦で結果を出すことは出来るでしょうか。

 

 

【次の試合 強化試合 オランダ戦】

 

次の試合も引き続きオランダ戦。
いよいよ年内の強化試合もラストになりました。
色々試す事は重要ですが、出来ればしっかり勝利して来年への弾みとして欲しいと願います。

それでは、また。

スポンサーリンク




-WBC関連