試合結果 侍ジャパン U-23

U-23ワールドカップ、日本代表優勝おめでとう!!そしてMVPはホークスの真砂選手が選ばれる快挙!【U-23】

どうも、若鷹と日本代表を応援するTomiです。

10月28日からメキシコで開催されていた第1回 WBSC U-23ワールドカップですが、日本代表が優勝を飾りました!

wall07_1280x800

【決勝戦はオーストラリアとの再戦!チーム全体で掴んだ世界一!】

■野球U―23W杯、日本が優勝 ソフトB真砂がMVPに(西日本新聞ホームページより)
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/sports_other/article/287357

決勝戦の相手はオーストラリア、オープニングラウンドで対戦して以来の再戦となります。
この大事な試合に先発したのはホークスの笠原大芽投手。
初回、2回を無失点で切り抜けたものの、3回に2点、4回にもソロホームランで1点を失い降板。
前回は7回2失点、9奪三振の内容でしたがやはり相手も必死、そうそう上手くはいきませんでした。

しかし、4回裏に相手の守備の乱れもあって一挙に4点を獲得し逆転すると、6回に打線が爆発。
この試合も4番に座ったホークスの真砂選手がレフトスタンドにソロホームランを放ちます!!

その後、スワローズ所属の9番、廣岡選手が試合を決定づける見事な3ランホームランを放ちます。

この打線の爆発に投手陣も応え、5回以降はオーストラリアに追加点を与えません。
最終回はタイガースの歳内宏明投手がマウンドに上がり、先頭打者にフォアボールを与えますがそこから迫力の三者奪三振で試合を決めます!

 

日本代表、侍ジャパンU-23は世界大会の初代チャンピオンに輝きました!

【MVPには今大会4本のホームランを放った真砂選手。盗塁王には植田海内野手が輝きました】

そして、試合の後にはMVPが発表されなんと、真砂選手が選ばれました!
決勝戦直前の2試合でノーヒットと調子を落としながらも、今大会33打数15安打、4割5分5厘の大活躍です。
また、決勝戦では1本ホームランを打つだけでなく、2四球で出塁するなど選球眼も充分。

真砂選手には来年、是非とも一軍で頑張って欲しいです。

 

しかしながら、授賞式で授与されたトロフィー?を落とすハプニングも…大丈夫でしょうか。

 

そして、盗塁王には6盗塁を記録したタイガースの植田海選手が輝きます。

 

両選手共、おめでとうございます!

【ベストナインに日本からはホークス真砂選手、バファローズ武田選手が選出されます】

そして大会ベストナインも発表、日本代表からは外野部門でホークスの真砂選手とバファローズの武田選手が選出!
おめでとうございます!

先発投手 イム・ジス(韓国)
救援投手 J・ガイヤー(オーストラリア)
捕手 C・メンディヴィル(メキシコ)
一塁手 C・マクドナルド(オーストラリア)
二塁手 キム・テジン(韓国)
三塁手 トゥン・フアユエ(韓国)
遊撃手 J・ユーニス(オーストラリア)
外野手 真砂勇介(日本)
イム・ビョンウック(韓国)
武田健吾(日本)
指名打者 G・エドモンド(オーストラリア)

【U-23の後は…侍ジャパン強化試合が開催予定】

U-23の若手に続いてはトップチーム。
11/10~13で東京ドームで開催されるメキシコとの強化試合が開催です。

強化試合とはいえ世界一奪還を目指している侍ジャパン。
U-23の優勝に刺激を受け、弾みをつけられるのか!
楽しみです。

それでは、また。

スポンサーリンク




-試合結果, 侍ジャパン U-23
-, , , ,