2016選手情報 ホークス情報

森福投手FA宣言、ホークスも残留に向けて交渉…残留の可能性はあるのか【FA情報】

どうも、若鷹の日本一奪還を信じ応援するTomiです。
ついに頼りになる左腕がFAへ。残留の可能性はあるんでしょうか。

【左腕森福投手、FA権を行使。他球団の評価が知りたいとのコメント】

ソフトバンク森福がFA宣言「一番輝ける場所で」(日刊スポーツホームページより)
http://www.nikkansports.com/baseball/news/1733624.html

ついに森福投手がFA権を行使、他球団への移籍を含め交渉を開始する事となりました。

森福投手と言えばホークス左腕、サイドスローの投手。
投球間隔が非常に長い事でも知られていますが、度胸がありピンチに非常に強い事でも有名です。

2011年の日本シリーズでは第4戦、ホークスが1点差のリードで迎えた6回裏ノーアウト満塁のピンチに登板。
「森福の11球」とも呼ばれるその投球内容は、ホークスの日本一をつかむ流れを引き寄せたと言っても良い内容でした。

2012年にもクライマックスシリーズでノーアウト満塁のピンチで登板して無失点に抑えたほか、2016年にも「森福の13球」で満塁のピンチを2打者、無失点で抑え込むなど
ここぞという時には本当に強い森福投手。

そんな森福投手が2016年8月にFA(フリーエージェント)権を取得し、これを行使する事に。
その胸中では現在の起用法への不満や、他球団から自分に対する評価を知りたいという気持ちがあったようです。

【森福投手獲得に動く球団は?ホークス残留の可能性はあるのか】

ソフトバンクホークスはFA宣言後も残留は良しとしているので、他球団との交渉次第では残留する事も考えられます。
森福投手の年俸は推定で1億2000万円でCランクと言われていますが、この場合人的補償が必要ないため、他球団からすれば人を出す必要も無く純粋に年俸で交渉出来るのです。
現在森福投手獲得については複数の球団が調査をしていると推定されており、ジャイアンツやタイガースが有力候補として挙がっている状態です。

ホークス球団側も残留に向けて条件を提示する等していますが、さてどうなるか。
2016年で30を迎え、これからベテランの域に入る森福投手がこれからどのような起用法を希望し、どのようなビジョンを描いているのかは分かりません。
しかし、仮に退団したとしても移籍先の球団で長く活躍してほしいです。

おそらく他球団でも安定した中継ぎが欲しいところは多く、森福投手の左腕から投げられるクロスファイアは充分魅力的。
イニング数は少ないと言え年間50試合を超える登板数、度胸の強さから言えば獲得に向けて動き出しても不思議ではないでしょう。
起用法以外でも折り合いがつかない等あれば現状、残留の可能性は低いと言っても良いでしょう。

 

【森福投手が考える"一番輝ける場所"とは】

これについては森福投手自身に聞くなどしなければ分かりません。

ただ、おそらくは回跨ぎの登板が少なかったことが不満であったのでは無いでしょうか。

 

工藤監督が就任した2015年、2016年の2年間はイニングを跨いだ登板が少なく、1打者で交代する事もよくありました。

投球内容からすれば回跨ぎでも充分いけそうなものですが、そうしなかったのは工藤監督なりの"頼れる左腕"だったのかもしれません。

しかし、そこに不満があったと考えるのが自然かもしれません。

 

…先発で投げたかったのかな…なんて思ったりもします。

可能性はゼロではないですし、本人は諦めきれない気持ちはあるかもしれません。

 

何にせよ、森福投手の"輝きの向こう側"は…どこになるのでしょうか。

 

【他のFA権を獲得した選手についてはどうか】

この他にも高谷選手、本多選手がFA権を取得しており行使の可能性はまだまだ考えられます。
仮にこの二人もFA権を行使、チームを抜けたとあれば2017年のリーグ優勝、日本一奪還に向けて動き始めたホークスには大きな痛手となるでしょう。

私も引き続きチェックしたいと思います。
それでは、また。

スポンサーリンク




-2016選手情報, ホークス情報
-, , ,