2016ドラフト会議 ホークス情報

2016ドラフト会議、世代交代を担う選手達を続々指名。未来のソフトバンクホークスを背負って立つ選手は現れるか【ドラフト会議】

どうも、若鷹のV奪還を信じ今日も応援していくTomiです。
前記事の田中正義投手への交渉権を獲得したホークスは2位以降にも有望な選手を指名していきます。

 

【福岡ソフトバンクホークス、2位指名は江陵高校 古谷優人選手を指名!】

1位に田中正義投手を指名、交渉権を獲得したホークスは続いて2位に江陵高校の古谷優人投手を指名します。
古谷選手は北海道出身の左腕投手。
夏の北北海道大会では最速154km/hをマーク、準々決勝の釧路工戦では毎回奪三振を記録、8連続奪三振を含む20奪三振を奪うなど見事な投球を見せています。
球種もストレートを中心に縦、横の切れ味の鋭いスライダーを武器に勝ち上がってきた。
残念ながら甲子園出場こそはならなかったっものの、その奪三振ショーは注目を集めるには充分。
スカウトも11球団からやってくるなど、その注目度は絶大。

古谷投手の性格ははっきりと意見を言える、そして社交的な性格との事。
ホークスの左腕と言えば2016年にパリーグ最多投手である15勝を獲得した和田投手や現在FA宣言を行い、その動向が注目される森福投手、後半に中継ぎとして復活した飯田投手等が挙げられます。
もし森福投手が残留ならば、プレッシャーに強い森福投手と切れ味の鋭い和田投手からも学ぶ事も多いと思うので、是非吸収してほしいと願います。

 

【3位は秀岳館高 九鬼隆平選手!ホークスの課題と言われる若手捕手陣の未来を担う選手となるか】

大阪府牧方市出身の九鬼隆平選手。
ソフトバンクホークスは3位に九鬼選手を指名しました。
九鬼選手は熊本県の秀岳館高校に在籍、右投げ右打ちの選手。
主将で4番を務めその強肩強打を発揮しU18アジア大会でもホームランを放つなど実力を見せます。
高校通算でも26本塁打を打つなど、ホークスの課題である”打てる捕手”として素質は充分と言えます。

また、その強肩ぶりもパリーグ最低の盗塁阻止率であるホークスの弱点をカバー出来るのでは無いでしょうか。

現在ホークスの1軍では細川、鶴岡、高谷3選手を起用しているホークス。
この中で安定したリードを見せ、後半は打てるキャッチャーとなっていた細川選手。
一番打撃の期待が高く細川、高谷両選手が離脱している時にメインマスクを被っていた鶴岡選手。
そして今年怪我で退いていたものの、後半に復帰しバンデンハーク投手と相性の良い高谷選手。

年齢も上がってきたこの3選手からの世代交代も課題の一つ。
ファームで頑張っている斐紹、拓也捕手、そして今シーズン途中で支配下登録された張本選手等と共に未来のホークスを背負って欲しいです。

 

【4位指名は青森山田高校、三森大貴選手!世代交代に向けて若い力は強い鷹の翼となるか】

三森大貴(まさき)選手は埼玉県越谷市出身、青森山田高等学校在籍。
長身の183cmながら、66kgと細身。
その細身の身体から放たれるバットコントロールはセンター返し、流し打ちを得意とする打者の多いホークスに合う選手と言えます。
また、脚も早くホーム、1塁ベース到達が4秒前後を記録する俊足。

現在ホークスのショートと言えば今宮選手、川島慶三選手が守っていますが、そこに食い込めるか。
もしくは、現在後継者候補が浮かびづらい”熱男”松田選手の守るサードでしょうか。
また、俊足と言えば福田秀平選手や城所龍磨選手。
彼らと共に相手投手をかき回す等の戦略も取れるかもしれません。

 

【見逃せない育成選手達、ここから千賀投手のように1軍で輝く選手たちが現れる事を願うばかり】

今年のホークス、指名選手は4人と12球団で最小。
交渉権を獲得した選手達を見れば充分過ぎる選手達だと思います。

その後、育成選手の指名を行い下記6選手を指名することになりました。

大本 将吾選手 外野手 愛媛県 帝京五高
長谷川 宙輝選手 投手 東京都 聖徳学園高
田城 飛翔選手 外野手 青森県 八戸学院光星高
森山 孔介選手 内野手 神奈川県 藤沢翔陵高
清水 陸哉選手 外野手 京都府 京都国際高
松本 龍憲選手 内野手 広島県 崇徳高

ホークスの育成出身で実績がある選手と言えば、二保投手や牧原選手に山田投手、そして千賀投手。
特に千賀投手は1年間ローテーションを守り続け、1軍投手では規定投球回数を突破した数少ない投手です。
12勝3敗、勝率も8割を記録し現在のホークスに欠かせない投手と言える千賀投手。

そういった実績もあるだけに、育成選手達に期待がかかります。
まずは支配下登録を目指し、その後一人でも多く1軍を目指して駆け上がって欲しいです。

以上、2016年のドラフト会議の指名選手達の紹介でした。
願わくば、一人でも多くの選手が入団し、未来のホークスを背負う選手が現れてくれることを願ってやみません。

それでは、また。

スポンサーリンク




-2016ドラフト会議, ホークス情報