試合結果 2016ホークス1軍試合結果

クライマックスシリーズ第1戦はホークスが勝利!ファイナルステージに王手!【マリーンズ戦】

g4座gどうも、若鷹の日本一を信じ応援し続けるTomiです。
いやー見事な粘りと見事な逆転劇を見せてくれましたね!

【試合結果 ホークスの勝利】

球場:福岡ヤフオクドーム
試合開始:13:00

ホークス 4-3 マリーンズ

勝利投手:スアレス投手
敗戦投手:内投手

■ホームラン
ホークス:内川選手(1号ソロ)
マリーンズ:清田選手(1号ソロ) デスパイネ選手(1号ソロ、2号ソロ)

--パ・リーグTVの動画を貼る--

ついに始まった2016年クライマックスシリーズ!
日本一を目指すホークスはマリーンズとの対戦。
先発を任されたのは千賀投手!
しかし、1回表に先頭打者の清田選手につかまりソロホームランを浴び、出鼻を挫かれます。
立ち直ったかに見えた千賀投手を今度はデスパイネ選手がソロホームランを放ちこの回2失点。
しかしホークスが直後の1回裏に反撃開始、1番に据わった中村晃選手がセンター前ヒットで出塁すると本多選手の犠打でランナーを進めると
キャプテン内川選手がタイムリーヒットを放ち1点を返します!更に3回裏に再びキャプテン内川選手が今度はソロホームランを放ち同点に追いつきます!

その後は両チームとも先発投手の投げ合いを見せ勝負はいよいよ終盤。
追加点を取ったのはホークス!
8回にマウンドへ上がったマリーンズ、内投手がヒット、デッドボール、フォアボールでノーアウト満塁。
福田選手がキャッチャーへのファールフライで凡退しますが、この日まだ右腕に痛みの残る今宮選手が逆転のレフト前タイムリーヒットを放ち2点を追加!
9回表は守護神サファテ投手がマウンドに上がります。
デスパイネ選手にホームランを浴び1点差とされますが、最後はキッチリ締めて勝利。
大事なクライマックスシリーズ初戦を勝利で飾り、ファイナルステージへの挑戦権に王手を決めました!

 

【千賀投手、初回こそ失点するが2回以降マリーンズ打線を抑え込み12奪三振!!】

若い力、千賀投手が見事なピッチングを見せてくれました。
初回こそ2本のホームランを浴び立ち上がりを攻められますが、2回以降は本来の千賀投手らしさを取り戻し毎回三振を奪う気迫の投球!
結果的に見れば7回を投げて2失点、12奪三振と見事な内容。
その力投は打線をもり立てるには充分だったと言えるでしょう。

ちなみに内川選手のヒーローインタビューの際に、初回のホームランを浴びた後「顔が青ざめていた」との事で、申し訳無さが半端じゃなかったでしょう。
お疲れ様でした。

 

【打線が奮起し千賀投手を援護、1回裏にすかさず点を取り返します!】

マリーンズの先発はエース涌井投手。
初回に2点を先取されて嫌な流れになりそうなところでしたが、この涌井投手をよく攻め立てられたと思います。
ここで三者凡退であれば話は別でしたが、すぐにチーム一丸となって点を取り返せたのは大きかったです。

特にこの大事な場面でタイムリーヒットを放った内川選手の勝負強さには感服でした。

打線が頑張れば投手陣も勇気づけられます、千賀投手の立ち直りに貢献したことは間違いないでしょう。

 

【大分出身コンビが決めた!内川選手、同点のソロホームラン!そして決勝点は今宮選手が満塁のチャンスを活かす!】

今日のヒーローインタビューに立った内川選手、今宮選手の二人が打点のチャンスをしっかり決めてくれました。
3回の裏には試合を振り出しに戻すソロホームランを放つ内川選手!
そして8回裏には9月の打率が3割を超えている今宮選手がやってくれましたね。
三遊間を上手く抜ける逆転のタイムリーヒット!また、この時に長谷川選手の代走として出場した川島選手もよく走ってくれましたね。
川島選手で無ければアウトだったかもしれません、起用がピタリとハマりました。

【次の試合 マリーンズ戦】

次の試合は再びマリーンズ戦。
ホークスの先発はバンデンハーク投手、復帰後中々結果の出ない苦しい状況ですがこの大舞台で結果を残して欲しいと願います。
そして、再び打線にも期待し、チーム一丸となって勝利を掴んで欲しいと願います!

それでは、また。

スポンサーリンク




-試合結果, 2016ホークス1軍試合結果
-, , ,