コラム

松坂投手、10年ぶりのプロ野球1軍での登板について思うこと【ホークスコラム】

,

どうも、若鷹の日本一を信じて応援を続けるTomiです。
今回は情報というよりはコラム的なお話です。

文章がまとまってないかもしれませんがお許しあれ。

【松坂大輔、10年ぶりのマウンドで何を思うのか】

”平成の怪物”と呼ばれた男、松坂投手が久々にプロ野球の…1軍の舞台に上がった。
この瞬間にkoboスタの沸きぶりが凄かった、やはり松坂投手の知名度はそれだけ高く、期待していたファンも多かったであろう。

しかし、投球の結果は散々なものであった。
特に、楽天の梨田監督が代打”松井稼頭央”と代打に出した時の初球デッドボール。
粋な事をするなぁと梨田監督に感謝しつつ、あの結果には松井稼頭央選手も悲しかったのでは無いかと思う。

そして最終的に打者一巡するもなんとか1回を投げきったが5失点の結果に終わってしまった。
そんな松坂投手はその心は何を思ったか。

残念だがCSの出場は厳しいため、登録抹消の運びとなるだろう。
端から見れば"引退試合"だと思われても仕方ないかもしれない。
だが、松坂投手は試合後のコメントで現役続行の意志があり”筑後でまた練習を行う”という事だった。

その胸中に何があるのかは知る由もない。
ファンからは”往生際が悪い””引退しろ””引き際を間違えた””年俸返して引退しろ”等散々な言われようであり、おそらく本人も周知の事実だろう。
基本的に評価が甘めな自分も"もうダメなんじゃないか"と思ってしまった程だ。
実際手術を繰り返し1年を棒に振ったあげく張りが取れない、違和感を感じるとなってはもう投げるのも辛いのではないか。
だが、それでも彼は現役を続けると決めた、己の可能性を信じて。

意地汚いと言われても、心にまだ辞めるわけにはいかない理由が出来たのだろう。
汚い予測をすればお金のためとも考えられるかもしれないが、私は松坂投手が一人のプロスポーツ選手としての気持ち、誇りでもって動いているのだと信じたい。
そうでなければ今日の試合前にライトスタンドでファンにギリギリまでサインに応じたり、普段タマスタで親切な姿を見せる事は無いだろう。
プロスポーツの世界は非常…いや、分かりやすいと言うべきか。

結果を出さねば叩かれるが結果を出せば賞賛がもらえる、そういう世界である。
松坂投手がもう一度立ち上がり来年はホークスの投手陣を支える一人であってほしいと願う。
こんなネットの端っこで、かつてプロ野球選手になる事を目指し、そしてそれを諦めた自分に出来ることは応援する事だけだ。
頑張れ、松坂投手。
見せてくれ"平成の怪物"と呼ばれた投手の力を。

それでは、また。

スポンサーリンク




-コラム
-,