試合結果 2016ホークス1軍試合結果

ホークスのシーズン最終戦はイーグルス投手陣の前に打線が沈黙し完敗。【イーグルス戦】

どうも、今日も若鷹を応援しつづけるtomiです。
CS前の調整とはいえ、少々寂しい結果となりました。

【試合結果 イーグルスの勝利】

球場:koboスタ宮城
試合開始: 14:00

ホークス 0-7 イーグルス

勝利投手:則本投手(11勝11敗)
敗戦投手:バンデンハーク投手(7勝3敗)

■ホームラン
ホークス:無し
チーム名:嶋選手(2号ソロ)

ホークスの先発はバンデンハーク投手。
初回、2回はまずまずの立ち上がりを見せ、3回も2アウトまで取りますが、この後捕まります。
嶋内選手にライト前ヒットを浴びると、その後すかさず盗塁を決められた直後、藤田選手が上手くボールをセンターに返され先制点を許します。
5回裏には嶋投手にライトスタンドギリギリの2号ソロホームランを浴び2失点、この回でマウンドを降ります。
6回は森投手、7回は岩嵜投手がマウンドに上がりそれぞれイーグルス打線に対しノーヒットピッチングを展開。
そして8回には松坂大輔投手がマウンドに上がります。
球速はまずまずながら、制球が定まらず2つのデッドボールやパスボール、3連打を浴びるなど一挙5失点、苦い復帰となります。

また、打線は5安打で無得点。残塁は7を記録。
則本投手をはじめとしたイーグルス投手陣に完璧に抑え込まれて沈黙。2安打以上放ったのもキャプテン内川選手のみ。
特に打線側がCSに不安の残る敗戦となりました。

長谷川選手の打席数がギリギリ1で規定打席に到達しなかったのも悲しかったなぁ…。

【キャプテン内川選手、年間打率3割、100打点を達成!】

内川キャプテンおめでとうございます!
チームの4番、キャプテンとしての重責を背負って1年間レギュラーシーズンを戦い抜いてくれたキャプテンに感謝を。
そして去年は打率を上げられなかったのが悔しい限りでしたが、今年も苦しい中よく打ってくれたと思います。
後半は調子を落とし、チャンスで打てない時期もありました。
今日もそうでしたが…それで内川キャプテンならやってくれるような気がして期待しています。
まずはCSまでの1週間で体を休めて、出来るだけ良い状態で挑める事を祈ります。

【森投手、岩嵜投手が比較的好調。森投手は三者凡退に、岩嵜投手もフォアボールを一つ出すもその後を3人でキッチリ抑える内容】

CSに向けて中継ぎ陣の調子が上向いてきました。
森投手は防御率が3点代を切り、2.98として9/11のライオンズ戦以来の2点代に落とすことが出来ました。
また、岩嵜投手も先頭打者にフォアボールこそ出しますが、後続をピシャリと抑えるナイスピッチングでした。

【松坂大輔投手、10年ぶりにプロ野球1軍のマウンドへ。結果は苦い結果に】

かつて"平成の怪物"と呼ばれた男が久々に1軍のマウンドへ立ちましたね。
結果は…1回を投げ、4四死球3安打等で5失点。
最後二者連続三振で終わったものの、制球が定まらない状態でした。
後半になるにつれ少しずつ安定はしてきたんですが、ストレートがストライクゾーンに入らず二者連続でデッドボールをしてしまった時は本当に悲しくなったものです…。
CSにも呼ばれる事は無いとの事。契約年数も後1年残っているなか、この冬~春に向け復活することは出来るのか。

■工藤監督 松坂をCSで起用せず 投手コーチがアドバイスに行けなかったワケ(スポニチ ホームページより)

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/10/02/kiji/K20161002013464890.html

【次の試合 クライマックスシリーズ マリーンズ戦】

次の試合はいよいよクライマックスシリーズのファーストステージ!相手はマリーンズ!
1戦も落とせない…わけじゃないですが、ほぼ落とせないと言っても過言ではないほどの戦いが始まります。

日本一を目指して、応援していきます!

それでは、また。

スポンサーリンク




-試合結果, 2016ホークス1軍試合結果
-, ,