ホークス情報 2016選手情報

来シーズンに向けて補強、強化についてエリック・テイムズ選手を獲得に向けて調査【選手情報】

どうも、今日も若鷹を応援し続けるtomiです。
来年のチームを救う原動力となるのでしょうか。

■昨季韓国プロ野球初40発40盗塁獲りへ 左の大砲テイムズ (西日本新聞ホームページより)
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/277574

 

【テイムズ選手獲得予定の背景】

昨シーズンまでホークスに所属し、今シーズンからマリナーズへ移籍した李大浩(イ・デホ)選手の抜けた穴、そして
昨年トリプルスリーを達成した柳田選手への厳しいマークや故障による離脱の影響もあってか、打力向上が急務のホークス。

そんな中で韓国プロ野球初の40本塁打、40盗塁を達成したエリック・テイムズ選手の獲得に向けて調査を行っている模様です。

韓国球界と言えば、ホークスは2015年に入団したバンデンハーク投手を獲得、シーズン途中からの登板ながらその投手力は語らずとも見事なもの。

チームの連覇に大きく貢献しました。
そんな韓国プロ野球界から今度は打の助っ人を獲得する予定です。
現在ホークスの本塁打王争いに食い込んでいるのは松田選手の26本。リーグ内でも3位と良い方ではありますが、それ以上に
ファイターズのレアード選手やライオンズのメヒア選手等、30本超えしている外国人選手がおり、チームでのホームラン本数もリーグ3位の110本。
充分とも言えそうですが、やはり打力低下が勝敗に大きく絡んできただけに補強は必須なのは間違いないでしょう。

本当にカニザレス選手が打ってくれれば良かったんですが、1軍では中々結果が出ないという悲しみ。
2軍ではホームラン王に輝いてるんですが…。

【エリック・テイムズ選手とは】

本名は エリック・アレン・テイムズ 1986年生まれのアメリカはカリフォルニア出身の選手。
2008年にブルージェイズに7巡目指名を受けて入団。ブルージェイズ、マリナーズ、オリオールズ、アストロズと渡り歩いた後に2013年に韓国プロ野球のNCダイノスと契約。
2014年のシーズン後半から4番打者として活躍し2015年には1シーズン2回のサイクルヒットを達成するなど大活躍を見せます。
お髭の素敵な選手ですね…。

右投げ左打ちで守備もファーストだけでなく、外野手としても守れるためメンバーを考える時にある程度自由が効く。
これは大きいですね。

また、練習態度についても良く日本球界の風土、特に練習量の多いと言われるホークスにはうってつけの選手である事は間違いないでしょう。

ただ、当然ながら他球団も獲得に動いているのは間違いない事。
今シーズンもいよいよ佳境に入る中、水面下では既に来年に向けての戦いが始まっていきます…。

それでは、また。

スポンサーリンク




-ホークス情報, 2016選手情報
-, ,