試合結果 2016ホークス1軍試合結果

傾きかけた流れを引き寄せられず、天王山連敗。自力V消滅【ファイターズ】

どうも、今日も若鷹を応援しつづけるtomiです。
昨日の試合は…いや、ファイターズの勢いは凄かった。

いよいよホークスのシーズン優勝も後が無くなってきました。

 

【試合結果 ファイターズの勝利 マジック6点灯】

球場:福岡ヤフオクドーム
開始時間:14:00

ホークス 2-5 ファイターズ
勝利投手:有原投手(11勝9敗)
セーブ投手:谷元投手(3勝2敗)
敗戦投手:武田投手(13勝8敗)

 

■ホームラン
ホークス:中村晃選手(7号ソロ)
チーム名:中田選手(25号2ラン)

先発は武田投手。初回からランナーを背負うピッチング。
先制はホークス!中村晃選手がライトホームランテラスへ7号ソロホームランで先制し流れを作ります。
が、武田投手が踏ん張りきれず2回表、2アウト満塁とすると西川選手への初球が甘く入りライト前への逆転2点タイムリーを浴びてしまいます。

その後はお互い得点のチャンスを掴みながら後一本が出ませんが6回表。武田投手が堪えきれず陽岱鋼選手にライト前ヒットを浴びます。
ここで武田投手は降板。ノーアウト満塁のピンチで森福投手へスイッチ。なんとここで森福投手が踏ん張り9番中島選手をピッチャーゴロのゲッツー!
そして最後は好調西川選手を空振り三振に抑えます!!(2011年日本シリーズでの森福11の11球再来)

そしてその回の裏、代打で登場した明石選手が反撃の狼煙を上げるタイムリー2ベースヒット!
このまま続くかと思いきや…。

7回表、この2連戦快音の聞かれ無かった中田翔選手が3番手五十嵐選手からダメ押しの2ランホームラン!!
その後もチャンスを掴みながら後1本が出ず、手痛い敗戦。
ファイターズのマジックが6に点灯する事となりました。

【有原投手の立ち上がりを上手く突いた中村晃選手の先制ホームラン!!】

久々の中村晃選手のホームランでしたね。

初回の有原投手の制球がおぼつかない段階で先制点が取れたことが大きかったです。
本当はここから更に続けば良かったんですが…うぅ。

 

【2011年、日本シリーズで見せた森福の11球を再現!!森福の13球!!】

6回表、ノーアウト満塁でマウンドに上がった森福投手。
既に1点を取られ、もうこれ以上の追加は許されない場面での登板。

しかし、見せてくれました森福投手。
2011年の日本シリーズ第4戦で同様のシチュエーションがあった時も無失点に抑えその後のホークス勝利、日本シリーズ制覇に繋ぐ事が出来ました!
魂の投球、そして最後の三振を奪った際の叫びはホークスに流れを引き寄せる投球内容でした。

【投打噛み合わず。武田投手も不調、ダメ押しを食らった五十嵐投手、そしてチャンスに繋がらない打線】

昨日の武田投手は初回からちょっとおかしかったですね。
変化球が高めに浮いたり、逆球が多いなど球が落ち着かない印象。
それが球数にも現れ、2回の表終了時点で50球を投げていました。
武田投手自身も"不甲斐ない"とコメントしており、苦い結果となってしまいました。

また、五十嵐投手が流れを断ち切ってしまった印象。
しかも2連戦で調子の悪かった中田翔選手にホームランを与えてしまう結果に。
岩嵜投手はどうした?という事については工藤監督もコメントされていましたね。
もしくは寺原投手を先に使っていれば…等と考えてしまったところ。
久々の登板で好投してくれましたからね。

そして打線。
もちろんヒットは出てましたし、好守備に阻まれる場面もありましたが、チャンスで打てない。
やはり、チャンスで1本欲しかった…。内川選手には特に2回チャンスがあったので、もし1本でも出ていればまだ流れが変わっていたかもしれない。

そう思うと悔しくてなりません。

【次の試合 ライオンズ戦】

次の試合はライオンズ戦。
西武プリンスドームでの対決となります。

ホークスの先発は東浜投手!
チームの大ピンチを救う投球に期待したいところです。

それでは、また。

スポンサーリンク




-試合結果, 2016ホークス1軍試合結果
-, , ,