2016ホークス1軍試合結果

【試合結果】打線はわずか4安打2得点。投手陣も後半粘り切れず逆転負け 2-4【バファローズ】

2016/09/22

どうも、今日も若鷹を応援し続けるtomiです。
和田投手の前半が完璧だっただけに本当に勝ちたかった。

【試合結果】

ホークス 2-4 バファローズ

勝利投手:海田投手
セーブ:平野投手
敗戦投手:和田投手

ホームラン:
内川選手(16号ソロ)
吉田正選手(6号2ラン)


先発は和田投手。
5回までは完璧なピッチングを見せてバファローズ打線を抑えます。
打線もそれに応えたか3回表、今宮選手、中村選手が連続ヒットで出塁。
ここで本多選手が先制タイムリーヒットを放ちます!
6回にも内川選手のソロホームランが飛び出して2点目を追加。
しかし、その裏でした。
先頭バッターの大城選手にこの試合初ヒットであるセンター前ヒットを浴びます。
その後は糸井選手、安達選手を抑えるものの吉田選手にレフトスタンドへの同点2ランホームランを浴びてしまいます。

8回にランナー1、2塁の状態で2番手森福投手に交代しますが
T-岡田選手に打たれてしまい勝ち越しのタイムリーヒットを許します。
更に交代したスアレス投手も西野選手に追加点を許し万事休す。

9回のホークスの攻撃も守護神平野投手に抑えられゲームセット。

点が…取れません…。

 

【攻撃面】

 

とにかく打線が沈黙。
まともにつながった、ヒットが出たのは2回の3連打だけ。
それ以外はほぼ三者凡退の寂しい状態でした。
特に4回以降はもう完全にバファローズバッテリーにリズムを持っていかれてしまいましたね。

このところ江川選手もすっかり当たらず。大きいのを狙いすぎているのでは?等と考えてしまいます。
やはりクリーンナップのプレッシャーは大きいのか…。
また、この日1軍登録されたカニザレス選手もフライこそ無いものの、4打数0安打。
どうしたカニちゃん。この日は守備でもまずいところがあったので、反省点。
逆に松田選手は3打数0安打で全部フライという。
すっかり打線が湿りこんだこの状況。先週の勢いはどこへ行ったのか。

 

【投手、守備面】

 

和田投手が5回まではノーヒットノーランペースで回を進めていきます。
しかし、6回に三者凡退に抑えられなかったのが痛かったか。
特に内川選手のホームランの後でもあったので、流れを繋ぐ意味でも大事な回だったと。
今日の分岐点はこの6回だったと思います。
最終的に8回に交代となりましたが、7回と1/3を投げて109球。球数としては充分なペースでした。
まぁその後の森福投手、スアレス投手が踏ん張り切れなかったんですけどね…。
やはりこの中継ぎ陣が大事なところで抑えられないのはホークスの致命的な弱点。
まぁそれでも、今日に関していえば投手陣だけを責めるのは酷な気もしますが。

 

【感想】

 

うーん。流れが良くない。
特にこの時期にこういう負け方をするのは良くない。
あまり前半の話はしたくないんですが、こういう接戦をモノにして来たのがホークス。

ここ最近苦手としているバファローズとは言え、意地を見せて欲しかった。

ファイターズの足音がまた…すぐそこに。
ただ、調子の良くないはずの内川選手がホームランを打ち、キャプテンの魂を感じました。

 

このまま首位陥落とならないよう、引き続き応援していきます。

【次の試合】

引き続きバファローズ戦で先発は東浜投手。
打線が再び冷え込んだ状態、援護の少ない中どういったピッチングを見せてくれるのか。
また、打線の復活があるかどうか。

それでは、また。

スポンサーリンク




-2016ホークス1軍試合結果
-, ,